1. HOME
  2. プロジェクト
  3. 自由な発想と感性で箱根の老舗温泉宿をリノベーションする物語。

プロジェクト

箱根・仙石原を代表する高級温泉旅館

箱根でも少々賑やかさから外れる仙石原に位置する温泉宿「俵石閣」。その歴史は明治末期に島藤建設工業(1963年東証2部上場、1987年に戸田建設に合併)の創業者で数寄屋大工だった島田藤吉氏が仙石原の土地を購入したところからはじまります。
大正3年に得意顧客向けコンドミニアム方式の別荘として創業しています。箱根の豊穣な自然環境、そして、豪勢な食事と丁寧なおもてなしが評判の温泉宿へと業態を変えてきました。かつて今上天皇が皇太子時代に3度宿泊されるなど、敷居の高い箱根・仙石原の旅館やホテルのなかでも、格調の高さを示す歴史があります。

日本の美を語る数奇屋造りの本館

俵石閣の本館は、もともと東京の大森に大正6年に建築され、初代オーナーの島田氏によって昭和3年に東京大森から仙石原へと移築されました。瀟洒な数寄屋の本館は、熟練職人による技巧の集積によって「数奇」屋の風格が顕現しています。日本の美を語る存在として、その建築方法や素材の観点から文化財に値する歴史的建造物です。

そして再生の物語が始まる

平成20年頃から業績低迷により経営状況が悪化し、平成24年に閉館になりました。マイルストーン・ターンアラウンド・マネジメントの代表取締役社長・早瀨 恵三はこの俵石閣全体から新しいクリエイティブ時代に向けたライフスタイルの拠点であると感銘を受け、平成26年2月に俵石閣の不動産取得、及び温泉宿泊施設の再生計画が始動いたしました。
そして、俵石閣プロジェクトでは関係するスタッフと討論を繰り返し、俵石閣全体を仙石原にある温泉旅館としての通常の高級温泉宿としてではなく、「CULTURING―自己の洗練ー」をコンセプトにし、多様な生態系が保全されたダイナミックな敷地・自然そのもののあり方を享受する自分と向き合うための施設とは?という本質的な問いによって、本プロジェクトの賽は投げられたのです。

NEST INN HAKONE 施設概要

澄んだ空気と緑の木々、野鳥のさえずりに包まれた「ネスト(=巣み処 すみか)」。 すべての客室の窓から見える四季折々に移ろう自然の景色、源泉の温泉施設、地元神奈川県・静岡県を中心に新鮮でこだわりの厳選食材。食材を最大限引き立たせるために多様な調理法を駆使した薪火料理。眠るためだけではなく、居心地よく滞在するための客室。 自然の中に身をおき、心地よいサービスでリラックスいただけます。

NEST INN HAKONE

NEST INN HAKONE 施設概要

名称 ネストイン箱根 俵石閣
所在地 〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1290
施設規模 敷地面積 / 24,379平方メートル
建築面積 / 19,540平方メートル
延床面積 / 240,250平方メートル
施設内容 ・ホテル棟3棟 ・客室 5タイプ全37室
・レセプション兼カフェ&バー FREE BIRD CAFÉ
・レストラン棟 WOODSIDE RESTAURANT
・レストラン棟内ベーカリーショップ BABYLON BIRD BAKERY
・レクレーション棟 FREE BIRD
・湯屋 BIRD BATH
URL http://www.nestinn-h.co.jp/

俵石閣 施設概要

澄んだ空気と緑の木々、野鳥のさえずりに包まれた「ネスト(=巣み処 すみか)」。 すべての客室の窓から見える四季折々に移ろう自然の景色。ただ、眠るためではなく居心地よく滞在し、籠って過ごすための戸建の客室。客室に付随するのは、歴史ある温泉。 地元、神奈川県・静岡県のみならず、日本全国から最も旬でかつ新鮮でこだわりの食材を取り寄せ、その味を最大限引き立たせるために多様な調理法を駆使した会席料理。 俵石閣100年の“歴史”と、四季や天気、時間の流れによる“移ろい”を、休息だけではなく心地よく滞在するための「拠点」として、ご堪能ください。

俵石閣

俵石閣 施設概要

名称 俵石閣
所在地 〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1290
施設内容 ・別荘11棟 ・戸建客室 11タイプ全11室
・日本料亭/茶寮 俵石閣本館
・Konoha spa 箱根
・リラクゼーションSPA
URL https://hyosekikaku.jp/